読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま,ボコッと

これ分かった時,膝の力抜けましたよ.とはいえ,いつもの無知ゆえの話なのですが.

そんなこんなでちょっとした発見もあり,しかしながら「こんなことすら忘れるようになったら終わりだな」思いつつも,やっぱ信じられないので(笑,メモ.

今回は矩形ビジュアルモードでの切り貼りに関するお話.

先日こんな作業に出くわしました.感覚としてスプレッドシートでの作業をイメージして頂けると伝わり易いかもしれません.

例えば*1,こんな感じです.;

町域
赤堤
池尻
宇奈根
梅丘
大蔵
大原
岡本
奥沢
尾山台

郵便番号    市区町村    町域
156-0044    世田谷区    赤堤  アカツツミ
154-0001    世田谷区    池尻  イケジリ
157-0068    世田谷区    宇奈根   ウナネ
154-0022    世田谷区    梅丘  ウメガオカ
157-0074    世田谷区    大蔵  オオクラ
156-0041    世田谷区    大原  オオハラ
157-0076    世田谷区    岡本  オカモト
158-0083    世田谷区    奥沢  オクサワ
158-0086    世田谷区    尾山台   オヤマダイ

この上のブロックの先頭に,下の郵便番号列にあたるテキストを持って行きたい.

知らなかったのは貼り付け方.

てっきり,矩形ビジュアル挿入の要領で対象領域のすべての行の先頭文字を矩形選択して P 貼り付けかと思ったら,これは間違い.

正解は,挿入箇所左上端,上の例で言うと 1 行目の "町" のところにカーソルを置くだけ.その状態で p で良いとな.

今までの勘違い

矩形ビジュアル挿入の要領で,挿入位置の文字を選択して P すると,その選択した文字が喰われて消えてしまいます.

「これは困るなぁ」と思って,今回の件を知るまでは,予め挿入位置の前に消えても良い,例えばスペースを挿入しておいて凌いでました.

P は《カーソルの前に》挿入するものと思っていたので,どうしてかな,と思いつつ.

正しい方法

ただし揃っていなかったら

上の例のように,動かしたいカラムのデータの桁/文字数が同じ場合は良いけど,これが下のようにデコボコだったらひと手間必要かも?

カナ   郵便番号    市区町村    町域
アカツツミ 156-0044    世田谷区    赤堤
イケジリ    154-0001    世田谷区    池尻
ウナネ   157-0068    世田谷区    宇奈根
ウメガオカ 154-0022    世田谷区    梅丘
オオクラ    157-0074    世田谷区    大蔵
オオハラ    156-0041    世田谷区    大原
オカモト    157-0076    世田谷区    岡本
オクサワ    158-0083    世田谷区    奥沢
オヤマダイ 158-0086    世田谷区    尾山台

例えば,Align 系のプラグインで一旦カラム幅を揃えて...,とか? ぐらいしか思い浮かばない.

ただし先頭じゃなかったら

先の "揃っていなかったら" の例を見ても分かるよう,これもデコボコだったらですが,先頭以外の真ん中への挿入,あるいは最後への追加だったら,同じく一筋縄ではいかないかと.

Excel でやれば,って?

Huh? *2

はい,おしまい.

*1:日本郵便の郵便番号検索結果を使ってます.

*2:いちいちかったるいし,遅いし.違うかしら.